記事一覧

正常完済とは

正常完済とは、家計を括り直すことにより収入を増やし、無駄な出費を省き、債務返済能力を高めて債務返済を続ける方法である。この正常完済も多重多額債務者には不可能とみえるが、家計を括り直すことにより返済資金を捻出できる場合がある。正常完済においては、まず家計の収支をとらえるところから始まる。家計簿の記載があれば最も好ましいが、債務問題を抱えた家計では家計簿の記載がない場合が多い。そこで、給与明細やレシートなどより家計を推計する、あるいは1週間程度の支出をメモする程度から家計収支を推測し、そこにどのような問題点があるのかを考えていく。もちろん債務問題を抱え、返済が困難化している状態では、赤字であることは明白である。

そこで、赤字を解消するために収入の増加の可能性を追求し、支出を抑えるために本当に必要な支出かどうかの確認作業を行う。収入の増加の方法としては、家族の協力を得て、配偶者や子どもにパートやアルバイトによる収入拡大が可能かどうかを探ることも1つの方法である。また、失業手当等の社会保険制度、生活保護といった公的扶助制度、障害者福祉や母子福祉、児童福祉どいった社会福祉制度の利用によって公的な援助を受けることができるかどうかの可能性を追求することも必要である。一方、支出においては、無駄な出費があるかどうか、出費を抑える方法がないかどうかの確認を行う。

高級品の購入等高額商品購入が多ければ代替物利用を考える。スーパーの売出しを利用するなどもその1つである。ただし、一般的には無駄と思われる支出であっても、本人にとっては大切な支出という場合もある。たとえばペットの餌代、高齢者世帯の電話代などである。そのような支出を削ることは、債務者にとって新たなストレスを与えるだけとなる。したがって、どの項目を削れば債務返済を継続することができるかを徹底的に検討する必要がある。このように家計収支をつぶさに検討すれば2万円程度の資金が出てくるとされている。

ただしこの場合、それまでの生活を大きく改める必要があり、第三者的な存在がなければ再び債務返済不能に陥ってしまう可能性がある。また、我慢の限界は3~5年といわれているので、3年程度で完済できるかどうかが大きな鍵となる。いずれにせよ、債務者の忍耐を必要とする方法であることには変わりないだろう。以上のとおり、債務整理の方法はさまざまである。重要なのは、これらの手段からどの方法を選ぶのかは債務者本人が選択するということである。他人から強制的に選択させられた方法では、もしもうまくいかなかうた場合、責任転嫁により状態が悪化するおそれがあるからである。

また、自ら選択することにより決意と責任感が与えられる。ただし、できもしない方法を望む債務者がいることも事実である。多くの債務者は正常完済を望む。そのため、家族と相談なしにパートやアルバイトを強制しようとしたり、家族の支出を強制的に削減しようとしたりすることもある。絵に描いた餅にならないようにするには、実行可能性がどれくらいあるのか、またそのためにはだれに協力を仰がなければならないのか等も含めて、カウンセラーと納得がいくまで相談することが必要である。

キャッシング 即日